KIRARAの好きなアーティストさんのライブレポや日常を写真と共にお伝えしています。
[54]  [51]  [48]  [43]  [39]  [38]  [37]  [29]  [27]  [24]  [20
今日は仕事の帰りにデパートに寄って
久保田一竹さんの「一竹辻が花 回顧展」を見て来ました♪
辻が花1

一竹さんの辻が花の着物を直に見るのは……何と25年ぶりです…

辻が花2

辻が花3
(会場にあったリーフレット)

あれは…私が21歳くらいの時でした…
「辻が花」という初めて聞く言葉に興味を持って、
姉を誘って今日と同じデパートへ出かけたのですが……

衝撃でした!

この世に、こんな美しい着物があったのだろうかと、ブルブル震えたのを覚えています。
「一竹辻が花」……聞いた事が無いのは当然で、日本初個展なのでした。

辻が花は室町時代に繁栄し、江戸初期に姿を消した絞りを基調とした文様染だそうで、
一竹さんが20歳の時に偶然見かけ、その魅力に引き付けられ
研究に研究を重ね、一竹さん独自の表現方法を加味したのが「一竹辻が花」だそうです。

すごいのは……納得した作品が出来上がったのは60歳近くで
初めて個展を開いたのが60歳になってからだと言う事です!
それから、お亡くなりになる85歳まで精力的に作品を作り続けて……

60歳デビューですよ!(@@)すごいとしか言えないです(><)
その間に極貧生活もあったとか……

25年ぶりに生の作品に触れて……もう…感動しました……
着物から溢れて来るエネルギーに体中が脈打ちました。
特に、晩年あたりの宇宙をテーマにした作品の前では、
胸の中でドンドンドンと何かが暴れるような、そんな感じがして……
それは、私の心臓の音……

初めて納得した作品と言われる「幻」もすごかったです。
40年の想いが込められています……執念ですね……愛としか言いようがないです……。
着物に描かれていますが、作品の表現方法が着物なのであって、
芸術ですね……
すごかった……
青とも緑とも紫とも……何とも言えないあの色が好きです。
一竹美術館にも一度行ってみたいのですが
写真が飾ってあって、きれいな所でした。

WBCで見せたイチローの執念もすごかったですが、一竹さんの執念もスゴイです!

あなたはどのように生きたいですか?

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
KIRARA
性別:
女性
趣味:
音楽・映画鑑賞
自己紹介:
関西を中心に活動中のピアノ弾き語りシンガーソングライター税理士ミュージシャン「ゆしん」のライブレポを中心にお届けしています♪追っかけ人生、満喫中♪

生息地:大阪


アーカイブ
ブログ内検索
フリーエリア
最新TB
QRコード
アクセス解析
アクセス解析